馴染みないけど…会社員でも「確定申告」をした方が良いケースがあるって本当?

年末調整も終わり、自分の税金関係については一区切りしたという会社員の方は多いと思います。ただ、一方で確定申告という言葉がありますが、会社員にとってはあまり馴染みのないものと言えるでしょう。

とはいえ、確定申告を行うことで得になるのであれば、これを利用しない手はありませんよね。そこで今回の記事では会社員でも確定申告をした方が良いケースを何点かご紹介したいと思います。

Q.会社員でも確定申告した方が良いのはどんな時?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

 

A.一般的に多いケースは初回の住宅ローン控除を受けるときや、医療費控除を受けるときです。

会社員が確定申告をするケースで一番多いのは初回の「住宅ローン控除」を受ける時と、「医療費控除」を受けるときと言えるでしょう。

住宅ローン控除とは、住宅ローンの残高に応じて所得税・住民税が控除される仕組みです。本来は毎年の年末調整で企業が手続きをしてくれるのですが、1年目のみ自分で確定申告をしなければなりません。

また、医療費控除とは年間の医療費が10万円を超えた場合に受けることができる仕組みです。健康に過ごしていればなかなか年間の医療費が10万円を超えることはないと思います。

しかし、例えば歯医者でちょっと高品質の歯を入れることになったり、レーシックの手術を受けたりした場合にはそれだけで医療費が軽く数十万円になりますので、こう言った場合には確定申告をすることによって税金の還付を受けることができます。

 

*取材・文:ライター 松永大輝(個人事務所Ad Libitum代表。早稲田大学教育学部卒。在学中に社労士試験に合格し、大手社労士法人に新卒入社。上場企業からベンチャー企業まで約10社ほどの顧問先を担当。その後、IT系のベンチャー企業にて、採用・労務など人事業務全般を担当。並行して、大手通信教育学校の社労士講座講師として講義サポートやテキスト執筆・校正などにも従事。現在は保有資格(社会保険労務士、AFP、産業カウンセラー)を活かしフリーランスの人事として複数の企業様のサポートをする傍ら、講師、Webライターなど幅広く活動中。

【画像】イメージです

*よっし / PIXTA(ピクスタ)

【関連記事】

就業規則で「プライベートもタバコNG」…もし喫煙したら会社に罰せられる可能性はある?

今月の給与明細を見たら「年末調整還付金」が去年より減額…何が原因?

勘違いしがちな残業代ルール…わざとダラダラ残業すれば「残業代」で儲けられる?

「ブラックバイト訴訟」当事者である元従業員が逮捕…この処分の影響を弁護士が解説

「定額残業代」って損しているんじゃ…なぜバイトより時給が低いの?

0043
坂尾 陽 さかおあきら 弁護士

アイシア法律事務所

東京都中央区銀座1丁目20番11号 銀座120ビル5階

伊東法律事務所_伊東亜矢子_300_240
伊東 亜矢子 いとうあやこ 弁護士

三宅坂総合法律事務所

東京都千代田区内幸町2-1-4 日比谷中日ビル6階

%e4%bc%8a%e5%80%89%e7%b7%8f%e5%90%88%e6%b3%95%e5%be%8b%e4%ba%8b%e5%8b%99%e6%89%80_%e4%bc%8a%e5%80%89%e5%90%89%e5%ae%a3_300_240
伊倉 吉宣 いくらよしのり 弁護士

伊倉総合法律事務所

東京都港区虎ノ門3丁目7番5号 虎ノ門Roots21ビル9階

コメント

コメント