博多の道路陥没で銀行システムにトラブルが…入金が遅れたら責任はどこへ?

スポンサーリンク

■福岡市が責任を追う必要はあるのか?

では、福岡市が責任を負うことになるのか、ということになりますが、これはなかなか難しいところです。もちろん、他人様であるAB間の契約を妨害したことになりますが、福岡市はAB間の契約について関わっているわけではないので、福岡市に債務不履行責任を負わせるわけにはいきません。

考えられるのは、福岡市に不法行為責任が発生するか、ということです。契約上の請求権というのは、「債権」と言いますが、債権は取引関係者間でのみ効力があるに過ぎないので、このような性質のものに不法行為を成立させるためには、福岡市側に、「積極的に妨害しようとする意思」つまり、「故意」が認められなければなりません。

本件の陥没事故による妨害行為について、福岡市に「故意」を認めることはできないでしょうから、「故意」に匹敵するほどの「重過失」があるかどうかが一つの争点になりうるものと思います。

もし、そこまでの重大な過失があれば、取引によって損害を被った側が、福岡市に対して損害賠償請求できるのではないか、と考えます。

 

*著者:弁護士 小野智彦(銀座ウィザード法律事務所。浜松市出身。エンターテイメント法、離婚、相続、交通事故、少年事件を得意とする。)

【画像】イメージです

*ntdanai / Shutterstock

【関連記事】

元女優が「大麻取締法違反」で逮捕!なぜ所持はNGで使用はOKなのか弁護士が解説

残業時間の上限は1カ月で45時間!?「36協定と長時間労働」の意外なカラクリ

給食費滞納問題で大阪市が弁護士に回収委託…弁護士は何をする?

念願のマイホーム購入!なのにお隣さんと境界線でトラブルに…どんな手続が必要?

通称「年金カット法案」が本格論議へ…本当に年金制度は今後も継続できるのか?

スポンサードリンク
   
小野智彦
小野 智彦 おのともひこ

銀座ウィザード法律事務所

東京都中央区銀座1-15-13VORT銀座604

コメント

コメント