【意外と知らない道交法】夜間のライトはハイビームとロービーム…どっちで走るべき?

夜間を自動車で走るとき、ドライバーの皆さんはライトをハイビーム、ロービームどちらにしていますか? おそらくほとんどの人が、「ロービーム」と答えるのではないかと思います。

しかし警察庁は平成27年に発生した夜間死亡事故のうち、96%がロービームだったことから、街灯が少ない路地などでは、ハイビームで走行するよう推奨しています。

その理由は、明るく道を照らすことで歩行者を認識しやすくなるため、事故の減少につながることが期待できるから、とされています。

ですが、ハイビームのまま走ることは違反であると教習所時代に習ったような気がします。道路交通法ではどのように定義されているのでしょうか?

 

Q.夜間はハイビームのまま走り続けないといけないって本当?

*画像はイメージです:http://www.shutterstock.com/

 

A.ウソ。対向車と行き違うときなどは、ロービームに切り替えなければならない。

たしかに、道路交通法では夜間走行においてはハイビームでの走行を原則と考えていると思われますが、他方で、対向車と行き違う場合や先行者がいる場合において、他の車両等の交通を妨げる恐れがあるときはロービームに切り替えなければならないとも規定しています。これを怠ると道路交通法違反になります。

都市部などでは交通量が多く、つねに対向車と先行車が存在しているためロービームにしていることが一般的ですが、暗い道ではハイビームにしなければなりません。

警察庁によると、ハイビームはロービームよりも夜間で人を発見する速さが2倍以上だそう。薄暗く、対向車や先行車がいない道路では、ハイビームで走行し事故を防ぎましょう。

 

 

*記事監修弁護士:多田幸生(小野総合法律事務所所属。会社法務・企業法務の豊富な経験があり、大手証券会社の法務職としての経歴を活かし、「守りの法務」だけでなく「攻めの法務」を提供。)

*取材・文:佐藤俊治(複数メディアで執筆中のフリーライター。真面目な話題からくだけた話題まで手広く記事を執筆中。趣味は将棋、好物はカツカレーとパインアメ)

【参考】

警察庁HP:ハイビームの上手な活用で夜間の歩行者事故防止

【画像】イメージです

*Ollyy / Shutterstock

【関連記事】

【意外と知らない道交法】原付バイクの運転手が自転車を押して走らせた…これって違法?

多発する高齢者の自動車事故…弁護士が語る「道交法」の高齢者対策に潜む矛盾点

87歳が運転する軽トラが児童を死傷…増加する認知症高齢者の事故が抱える法的問題とは

「ポケGO運転」死亡事故に全国初の実刑判決…「ながらスマホ」の今後を弁護士が解説

自転車をターゲットにした当たり屋が存在!?彼らから身を守るための法的対策法を伝授

牛田 喬允 うしだ たかまさ 弁護士

赤坂山王法律事務所

東京都港区赤坂2丁目13番19号 多聞堂ビル6階

鈴木 謙太郎 すずきけんたろう 弁護士

虎ノ門法律経済事務所 池袋支店

東京都豊島区南池袋2-12-5 第6.7中野ビル7FB号室

近藤 美香 こんどう みか 弁護士

秋葉原よすが法律事務所

東京都台東区浅草橋5-2-3鈴和ビル4-A

コメント

コメント