「休日返上ゴミ拾い」「ミスをマイクで謝罪」…職場の変な決まり事は法的にOK?

■休日ゴミ拾いやマイク謝罪は許される?

では、冒頭でも触れたような「休日返上でのゴミ拾い」や、「仕事でのミスを職場内でマイクを使って謝罪させられる」といったようなケースについて、法的に許容範囲なのでしょうか?

「休日返上のゴミ拾いについては、おそらく就業規則にも記載がないことを会社が事実上強いているものと思われます。業務命令で会社が行わせているのであれば、当然それは休日労働となりますので賃金支払の対象となります。そうではなく、従業員の自由意思に基づくボランティアであれば、必ず参加しなくてはならないということはございません。」(大窪弁護士)

あくまで「仕事」としての命令であれば、それは「休日労働」として給与が発生するものになり、自由参加のボランティアであれば強制参加させられる根拠はない、という事なのですね。

「マイクで謝罪するケースについても、おそらく就業規則等にも定めがないものと思われますので、本来的には行う必要はないでしょう。それを強いられるのであればパワハラということになるのではないでしょうか。」(大窪弁護士)

さすがに「ミスはマイクで謝罪する」と就業規則に明記してある会社はなさそうですから、そもそも従う根拠がないという事ですね。また、それでも強いられるのであればパワハラにも該当する可能性が高そうです。

自分で「変だな」と感じた社内ルールについては、まずは就業規則に根拠があるかどうかチェックしてみるのがいいでしょう。また、もし仮に根拠があったとしても、それが明らかに違法であったり合理的でなかったりするのであればやはり従う必要はないのですね。

 

*取材協力弁護士:大窪和久(桜丘法律事務所所属。2003年に弁護士登録を行い、桜丘法律事務所で研鑽をした後、11年間、いわゆる弁護士過疎地域とよばれる場所で仕事を継続。北海道紋別市で3年間、鹿児島県奄美市で3年間公設事務所の所長をつとめたあと、再度北海道に戻り名寄市にて弁護士法人の支店長として5年間在任。地方では特に離婚、婚約破棄、不倫等の案件を多く取り扱ってきた。これまでの経験を活かし、スムーズで有利な解決を目指す。)

*取材・文:ライター 松永大輝(個人事務所Ad Libitum代表。早稲田大学教育学部卒。在学中に社労士試験に合格し、大手社労士法人に新卒入社。上場企業からベンチャー企業まで約10社ほどの顧問先を担当。その後、IT系のベンチャー企業にて、採用・労務など人事業務全般を担当。並行して、大手通信教育学校の社労士講座講師として講義サポートやテキスト執筆・校正などにも従事。現在は保有資格(社会保険労務士、AFP、産業カウンセラー)を活かしフリーランスの人事として複数の企業様のサポートをする傍ら、講師、Webライターなど幅広く活動中。

【画像】イメージです

* Graphs / PIXTA(ピクスタ)

【関連記事】

退職届と退職願、どちらを出すのが正解?法的に知っておきたい悔いのない会社の辞め方

上司から残業代が出ない「サービス早出」を強要された場合の4つの対処法

上司の「パワハラ」で出社がツラい…やめさせるためにおぼえておきたい2つの方法

育休社員vs独身社員!?子供がいる同僚への業務シワ寄せ…どこに相談すれば良い?

正社員、契約社員、パート…従業員の区分による法的な違いはある?就業規則はどうなる?

弁護士費用保険メルシー|株式会社カイラス少額短期保険

コメント

コメント