一度は乗ってみたい超豪華な「特別列車」…駅に停車中でも「車内見学」したら違法に?

2016年10月15日で運航開始から3年を迎える「ななつ星in九州」など、豪華なサービスが堪能できる特別列車が近年人気です。ちなみに「ななつ星in九州」は予約の平均倍率はなんと20倍超にもなっているそうです。

乗りたくてもチケットがとれなかったファンにとっては、せめて入場券を買って駅構内に入り、停車中の列車を眺めたり、写真を撮ったり、中を見学してみたいという人も多いでしょう。

けれども、はたして停車中とは言え、乗車券や特急券を持たずに車内に入っても良いのでしょうか? このケースについて解説したいと思います。

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

 

■入場券では列車に立ち入ることができない

JRや私鉄各線の旅客営業規則では、入場券では列車に立ち入ることができないと定められていることが多いです(例:JRの旅客営業規則296条2項「入場券所持者は、列車に立ち入ることができない。ただし、当社が特に認める場合は、この限りでない。」)。

JR旅客営業規則の「当社が特に認める場合」とは車いすの旅客等介助を必要とする方を指定された席まで案内する場合などをいいますから、鉄道ファンが中を見学したいと言っても認められないでしょう。

 

木川 雅博 きかわまさひろ

星野・長塚・木川法律事務所

東京都港区西新橋1-21-8 弁護士ビル303

弁護士保険「Mikata」

コメント

コメント