「死後離婚」を検討するときに必ず知っておきたいメリット・デメリット

先日、「死後離婚」に関して、その手続きや死後離婚した場合の義理の親族との関係について、『増加する「死後離婚」とは法的にどんな手続きき?その後の親族との関係は?』という記事でご説明しました。

「死後離婚」とは、配偶者の死亡後に、配偶者との親族関係を終了させることです。今回は、死後離婚のメリットとデメリットについて、具体的に説明したいと思います。

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

 

■メリットは義理の両親の扶養義務、お墓の管理義務がなくなること

まず、死後離婚のメリットについて説明します。

一番のメリットは、義理の両親との関係を一切断ち切ることができることだと思います。義理の両親の扶養義務がなくなりますので、世話や介護をする必要がなくなるということです。

また、義理の両親と同じお墓に入る必要もなく、お墓を管理する義務などもなくなります。もっとも、亡くなった配偶者との関係は続きますので、遺産を相続したり、遺族年金をもらうこともできます。

 

理崎 智英 りざきともひで 弁護士

高島総合法律事務所

東京都港区虎ノ門一丁目11番7号 第二文成ビル9階

コメント

コメント