「養育費は請求しません」・・・1度約束したら絶対に貰えない?

夫婦 離婚 男女

 

子どものいる家庭で離婚すると決まった場合、どのように財産分与を行うのか、子どもの親権はどちらが持つか、養育費の額はいくらにするか、など話し合うべきことが多くあります。

離婚を急ぐばかりに話合いをあまりせずに離婚してしまった場合、後々トラブルになることが多いようです。

今回は、養育費はいらないと約束して離婚した場合、あるいは離婚時に養育費を一時金としてもらった場合、数年後になって生活が困窮するなどして、やっぱり養育費が欲しい(追加の養育費が欲しい)と思った場合、元配偶者に対して養育費を請求することができるのか、解説していきたいと思います。

理崎 智英 りざきともひで

高島総合法律事務所

東京都港区虎ノ門一丁目11番7号 第二文成ビル9階

弁護士保険「Mikata」

コメント

コメント