1995年に発生した「水戸事件」から学ぶ司法や行政の問題点とは?

病院施設

人は時間の経過と共にいろいろなことを忘れていきます。

どんな出来事であれ、時間と共に風化していきますが、事件や事故、天災など風化させてはいけない出来事があると思います。

今回扱う「水戸事件」とは1995年に起きた知的障害者に対する暴行・強姦事件ですが、証言を正確に取れないなどの理由で不起訴となり、司法や行政の問題点、無理解が明るみに出た事件です。

結局は賃金を障害者にほとんど払っていなかったことによる詐欺や傷害で起訴されたものの、暴行や強姦に関しては全て不起訴になり看過されました。

この水戸事件は実に多くの社会的な問題点を孕んでいます。捜査手法や司法など、その問題点について解説していきたいと思います。

星野宏明
星野 宏明 ほしのひろあき

星野・長塚・木川法律事務所

東京都港区西新橋1‐21‐8 弁護士ビル303

弁護士保険「Mikata」

コメント

コメント