飲食店や観光地の「中国人お断り」… 違法性はないの?

近年、日本を訪れる中国人観光客の数が増え、2014年には約240万人の中国人が日本に観光に来ているとのデータがあります。

中国人が日本を魅力的だと思って観光に来てくれるのはいいことです。しかし、中には、文化の違いだからと許容できる範囲を超えたマナー違反をする中国人もいるようです。

一例を挙げると、最近、兵庫県の城崎温泉において、中国人が湯船の中で体を洗ってお湯を泡だらけにしてしまうことがあったようです。

shutterstock_176895797

また、中国人観光客のドタキャンが相次いでいる高級鮨店が、お店を予約しようとした日本在住の中国人に対して「調整が必要です」と対応をしたことがインターネット上で議論になっていたこともあります。

そこで、今回は、「中国人の宿泊はお断りします」、「中国人観光客のご利用には条件があります」など、人種等を根拠に宿泊を拒否したり、特別な利用条件を課したりすることができるのかについて解説していきたいと思います。

木川 雅博 きかわまさひろ 弁護士

星野・長塚・木川法律事務所

東京都港区西新橋1-21-8 弁護士ビル303

コメント

コメント