「挨拶がない」で解雇通告…そんなのってアリ?

社会人にとって重要なものは数多くありますが、基本中の基本といえば挨拶です。「おはようございます」「おつかれさまでした」「お先に失礼します」などは、誰であっても発言すべき挨拶とされています。

一方で、「挨拶なんかしなくても仕事をしっかりやっていれば良い」という考え方もあります。中には、自分の信念で「一切挨拶はしない」という人もいるようです。

ところが、日本社会は挨拶をしない人間には厳しい風潮があり、「挨拶できないからクビ」ということもあると聞きます。このような措置は、許されるのでしょうか?

法律事務所あすかの冨本和男弁護士にお伺いしました。

 

Q.挨拶をしない社員を解雇することはできる?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

A.出来ないものと思われます。

「結論から言うと“なし”です。解雇が認められるためには、まず就業規則の解雇事由に該当しなければいけません。

仮に“挨拶をしない”ことが就業規則の解雇事由に該当したとしても、解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当でないと認められない場合、解雇権の濫用として無効となります(労働契約法第16条)。

“挨拶をしない”だけでいきなり解雇するのは、明らかに厳しすぎる解雇権の濫用であると思われます」(冨本弁護士)

 

「挨拶」は仕事において大事なものですが、それだけを咎めて解雇とするのは、解雇権の濫用となる可能性が極めて高いようです。解雇を考えるのではなく、指導で改善することを考えたほうがよさそうですね。

 

*取材協力弁護士:冨本和男(法律事務所あすか。企業法務、債務整理、刑事弁護を主に扱っている。親身かつ熱意にあふれた刑事弁護活動がモットー。)

*取材・文:櫻井哲夫(フリーライター。期待に応えられるライターを目指し日々奮闘中

【画像】イメージです

*HBS / PIXTA(ピクスタ)

【関連記事】

「朝出社したら会社が無かった」…勤め先が倒産したらするべき5つのこと

「明日から来なくていい」…突然解雇を告げられたらすべき5つのこと

転職時にチェックしたい!ブラック企業にありがちな特徴3つ

業績不振による従業員の解雇…法的問題はない?

「ミスが多いから解雇」は合法?知っておきたい解雇の種類と有効性について

岡田 功 おかだ いさお 弁護士

小室・岡田法律事務所

東京都 中央区銀座6-12-15いちご銀座612ビル 3階A室

渡部 孝至 わたなべ たかし 弁護士

弁護士法人はるかぜ法律事務所

東京都港区虎ノ門3-8-26 巴町アネックス4階

中野 秀俊 なかのひでとし 弁護士

グローウィル国際法律事務所

東京都中央区京橋1-6-13 金葉ビル6F

コメント

コメント