【千葉女性監禁】メールを理由に被告の反省が疑問視…SNSの証拠能力はどこまである?

昨年4月、船橋市に住む18歳の女性を生き埋めにして殺害したとして、強盗殺人などの罪で起訴されていた21歳の男性に対して、11月30日に千葉地裁より無期懲役の判決を言い渡されました。

法廷では女性の遺族に対して謝罪の弁を述べていたものの、殺害直後に友人に対して「今の俺さ、最強だよ」といった犯行を誇示するメールを送っていた点が考慮され、反省を疑問視される結果を招いたそうです。

もしかすると、メールやSNSで送った内容が本心ではなかった、という容疑者の言い訳もありえそうですが、法的には「メールやSNSの文面内容における証拠能力」はどこまで確実性があるのでしょうか?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

スポンサーリンク

■誤解が多い区別…「証拠能力」と「証明力」は別の概念

証拠能力をめぐる問題は、新聞報道やテレビの解説でも特に誤解や間違った意味での使用が散見される話です。

狭義の証拠能力とは、裁判において、その証拠をそもそも証拠として採用してよいかどうかという入り口の問題です。したがって、証拠の中身というよりも、主に証拠の媒体や方法という形式的な部分が問題とされます。

証拠能力がない、ということは、裁判官が証拠として採用しないということですから、中身の検討はされません。いわば証拠評価の入り口の第1段階の話です。

これに対し、証明力は、証拠能力が肯定された証拠が、証拠を提出した裁判の当事者(検察官や原告被告)が立証を目指す事実について、当該証拠が事実の立証にどの程度役立つか、という問題です。

証明力は、当該証拠の媒体や証拠方法だけでなく、裁判官の法的な経験則によって、決められます。

 

■「証拠能力が低い」は法律上は不正確

しかし、そもそも、証拠能力がないとされた証拠は、証明力が問題になることはありません。

証明力は、証拠能力があるとされた証拠について、実質的に事実関係の立証にどの程度役立つかという問題です。証拠の信用性ともいえます。

例えば、証拠能力は、法律上は、肯定か否定、有るか無しか、という2択しかありませんので、「証拠能力が低い」とか「証拠能力が高い」という言い方は、日常用語としてならともかく、法的には不正確(実際には証明力の意味で使っているということ)です。

これに対し、証明力は、まさに法的な経験則を基にした程度問題ですから、証明力が強い弱い、高い低いという話になります。

 

スポンサードリンク
   
星野宏明
星野 宏明 ほしのひろあき

星野・長塚・木川法律事務所

東京都港区西新橋1‐21‐8 弁護士ビル303

コメント

コメント