【意外と知らない道交法】追い越されたくない…車線変更を妨害したらやっぱり違反?

年末年始、自動車で帰省するという人は多いのではないでしょうか。クルマ好きにとっては、高速道路を快走することは、実に気分の良いものです。

もちろん、法定速度を守っている人がほとんどだと思いますが、なかには追い越し車線を猛スピードで疾走する、けしからん自動車も存在します。

そんなときは、かつてF1で繰り広げられたアラン・プロスト対アイルトン・セナのように、追い越す車を妨害して「ブロック」したくなってしまいます。

しかし、そのような行為は交通違反になるらしいのです。無法者へのささやかな抵抗なのに…。

本当に違反になってしまうのでしょうか?

 

Q.追い越しを妨害してスピードを上げると減点されるって本当?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

 

A.本当です!反則金と違反点数1点

追い越そうとしている車を妨害する行為は、事故を誘発することになりますので違反となります。速度を上げて並走することも同様です。(道路交通法第27条 1項 2項)

追い越しを受けた場合はスピードを保ち、静かに抜かれなくてはなりません。違反した場合は違反点数1点と反則金の対象となります。

自分が抜かれることに対して不愉快な感情を持つ人も少なくないと思いますが、事故で命を落としては元も子もありません。

先を急ぐ者には道を譲り、安全に目的地にたどり着くことを考えましょう。

 

 

*記事監修弁護士:竹内 省吾(弁護士法人サリュ 銀座事務所。 交通事故分野のパイオニア。民事刑事問わず無料相談 メール受付対応。おもな著作に「交通事故裁判和解例集」(第一法規)などがある。)

*取材・文:佐藤俊治(複数メディアで執筆中のフリーライター。真面目な話題からくだけた話題まで手広く記事を執筆中。趣味は将棋、好物はカツカレーとパインアメ。)

【画像】イメージです

*hallucion7 / PIXTA(ピクスタ)

【関連記事】

【意外と知らない道交法】原付バイクの運転手が自転車を押して走らせた…これって違法?

多発する高齢者の自動車事故…弁護士が語る「道交法」の高齢者対策に潜む矛盾点

87歳が運転する軽トラが児童を死傷…増加する認知症高齢者の事故が抱える法的問題とは

「ポケGO運転」死亡事故に全国初の実刑判決…「ながらスマホ」の今後を弁護士が解説

自転車をターゲットにした当たり屋が存在!?彼らから身を守るための法的対策法を伝授

河野先生
河野 晃 こうのあきら 弁護士

水田法律事務所

兵庫県姫路市本町68-170大手前第一ビル3階

伊倉 吉宣 いくらよしのり 弁護士

伊倉総合法律事務所

東京都港区虎ノ門3丁目7番5号 虎ノ門Roots21ビル9階

坂尾 陽 さかおあきら 弁護士

アイシア法律事務所

東京都中央区銀座1丁目20番11号 銀座120ビル5階

コメント

コメント