【忘年会シーズン】飲み過ぎて電車内で嘔吐…法的責任を問われるケースって?

終電間際、慌てて満員電車に乗ったら空いている場所が! そこに行ってみたら床には嘔吐物が…なんてことはありませんか?

12月の忘年会シーズンには特にありがちで身近な問題ですが、電車内で嘔吐して汚す等することは犯罪かどうかについて、検証します。

*画像はイメージです:http://www.shutterstock.com/

まず、刑事上の犯罪になるかどうかですが、故意に嘔吐物を相手に引っかけた場合には、暴行罪」、働いている人に同じようなことをすれば「威力業務妨害罪」になる可能性はありますが、そうでない限りは大丈夫です。

誰かの大事な物を嘔吐物によって使い物にならなくしてしまった場合は、「器物損壊罪?」と思うかも知れませんが、この罪は故意犯しか罰しませんので、やはり罪にはなりません。

また、嘔吐物が相当悪臭を放ちますので、迷惑防止条例の「悪臭行為」に当たるのか?と考えられる方もいるかと思いますが、基本的には当たりません。

ですので、電車内での嘔吐で、警察の世話になることはまずないと思っていただいて結構です。

では、民事上は何らかの法的責任が発生するでしょうか? 3つのケースに分けて、個別に見ていきましょう。

 

①吐いた上に処理をしない場合は?

吐いたものをそのまま放っておくと、当然の如く鉄道会社の方が清掃などの処理をすることになります。

嘔吐行為は、通常はお酒の飲み過ぎによっておきるもので、いわゆる不注意によって清掃などをさせる手間を発生させることになりますので、本来は損害賠償請求の対象になります。

ただ、通常、吐くような人は、既に自分の嘔吐物を処理することなどできないでしょうし、鉄道会社もそのことを見越して清掃の大勢を整えているようですので、特に損害賠償請求をしないそうです。

 

②誰か(人・物)を汚した場合は?

理屈は同じで、不注意によって嘔吐し、それによって誰かを汚してしまうわけですから、それによってクリーニング代が発生したり、その物が使い物にならなくなったりするわけです。従って、それに掛かった費用は、損害賠償請求されることになります。

 

③車内清掃で遅延などした場合は?

車内清掃で遅延した時間にもよるでしょうけど、通常の嘔吐物程度であれば、最短での時間によって清掃が可能でしょうし、損害を発生させるほどの遅れがでるとも思えませんので、特に遅延させたことそのものについて損害賠償請求されることはないものと思います。

 

 

*この記事は2014年6月に掲載されたものを再編集しています。

*著者:弁護士 小野智彦(銀座ウィザード法律事務所。浜松市出身。エンターテイメント法、離婚、相続、交通事故、少年事件を得意とする。)

【画像】イメージです

*TungCheung / Shutterstock.com

【関連記事】

これで安心!身に覚えのない「架空請求メール」が届いた時の4つの対処法

「配偶者控除」を巡る法改正…もし年収上限が150万円に引き上げられたら困るのは誰?

ジミー・ペイジ演奏なし問題…イベント主催者はチケット代を返金する義務があったの?

パナ社員90人超が「2,000回以上の接待」で懲戒処分に…就業規則との法的関係とは?

【博多駅前陥没】パーキングから車が出せない…駐車料金の支払いは法的にどうなる?

小野智彦
小野 智彦 おのともひこ 弁護士

銀座ウィザード法律事務所

東京都中央区銀座1-15-13VORT銀座604

コメント

コメント