佐川急便の「駐車違反身代わり出頭」問題…提案者や依頼者はどう罰せられる?

\あなたと家族を守る弁護士保険/

弁護士費用保険メルシー|株式会社カイラス少額短期保険

■出頭を拒否した場合はどうなる?

また、身代わりをせず、出頭自体を拒否した場合はどうなるのか。

これについては、処罰の対象になりません。自ら犯罪を犯した者が、警察の手を免れるために身を隠すということは期待できない、つまり、自ら出頭しないことは、法的に非難できるものではないというのが法律の立場です(それゆえに、自首が減刑の対象となるのです)。

ただ、逃走の恐れありとのことで、駐車違反でも、道交法違反で逮捕状を取られ、身柄を拘束されることはありうるかと思います。

 

*著者:弁護士 小野智彦(銀座ウィザード法律事務所。浜松市出身。エンターテイメント法、離婚、相続、交通事故、少年事件を得意とする。)

【画像】

*ツルカメデザイン / PIXTA(ピクスタ)

【関連記事】

「配偶者控除」を巡る法改正…もし年収上限が150万円に引き上げられたら困るのは誰?

残業時間の上限は1カ月で45時間!?「36協定と長時間労働」の意外なカラクリ

多発する高齢者の自動車事故…弁護士が語る「道交法」の高齢者対策に潜む矛盾点

もしも交通違反をしたのに反則金も呼出状も無視し続けたら、どんな罪が待っている?

女性の足を30分もなめ続けた男が逮捕…「強制わいせつ罪」と「暴行罪」は何が違う?

オンラインセミナー
小野智彦
小野 智彦 おのともひこ

大本総合法律事務所

〒100-6617 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 17F

弁護士費用保険メルシー|株式会社カイラス少額短期保険

コメント

コメント