「リツイート」が違法に?SNSの共有行為で訴えられないための法知識

■リツイートでも自身の発信と同様の扱いに

しかしながら、このような主張に対して裁判所は、「しかし、リツイートも、ツイートをそのまま自身のツイッターに掲載する点で、自身の発言と同様に扱われるものであり、原告X2の発言行為とみるべきであるから、リツイートについて名誉毀損等が成立するとして損害賠償請求をすることが直ちに不法な請求として違法になるものではなく、また、リツイートは元となるツイートと同内容ではあるものの、別の発言行為であるから元のツイートについて不法行為が成立するとして賠償請求がされていても、リツイートした人物に対し同様に不法行為が成立するとして賠償請求をすることが二重提訴となるものでもない」としました。

そして、「自身の発言と同様に扱われるものであり、原告X2の発言行為とみるべき」として、「自分が発信したものではない」という主張を認めませんでした。

また、東京地方裁判所平成27年11月25日判決では、「リツイートは、既存の文章を引用形式により発信する主体的な表現行為としての性質を有するといえるから、本件ツイート等の名誉毀損性の有無を判断するに際しては、リツイートに係る部分をも判断対象に含めるのが相当」とされています

 

■フェイスブックの「シェア」も共有行為

以上の裁判例に照らせば、名誉毀損やプライバシー侵害等にあたるツイートをリツイートした場合、そのリツイート行為も不法行為にあたるとして損害賠償責任を負う可能性がある、と言えるでしょう。

当然、リツイートだけでなく、「記事そのものを引用・発信する」という形式のもの(例えば、フェイスブックにおける「シェア」)については、同様のことが言えると思います。

情報を、広範囲の人と低コストで瞬時に共有できることがインターネット(ソーシャルネットワークサービス)の利点ではありますが、情報の内容によっては、共有行為(リツイートやシェア等)が他人の権利を侵害する不法行為とされることがあるという点を、頭の片隅に置いておいたほうがよいでしょう。

 

*著者:弁護士 櫻町直樹(パロス法律事務所。弁護士として仕事をしていく上でのモットーとしているのは、英国の経済学者アルフレッド・マーシャルが語った、「冷静な思考力(頭脳)を持ち、しかし温かい心を兼ね備えて(cool heads but warm hearts)」です。ブログ「ネットイージス.com」)

【画像】イメージです

*rvlsoft / Shutterstock.com

【関連記事】

職場で増加するSNSが原因の「不倫冤罪」…誤解されないための法的知識とは

ネット上の他人の記事を「コピペ」して自分のブログで紹介するとどんな罪に?

これで安心!身に覚えのない「架空請求メール」が届いた時の4つの対処法

「ポケGO運転」死亡事故に全国初の実刑判決…「ながらスマホ」の今後を弁護士が解説

元女優が「大麻取締法違反」で逮捕!なぜ所持はNGで使用はOKなのか弁護士が解説

櫻町 直樹 さくらまちなおき

パロス法律事務所

東京都千代田区九段北1-1-7 カーサ九段403

コメント

コメント