5歳の子どもを連れて別居検討中の妻が、夫とスムーズに離婚するための2つのポイント

妻が幼い子を連れて夫の家から出ていった、妻は離婚を考えているが、夫の方は離婚したくないと思っている…弁護士をやっていると、このような状況での相談を受けることがままあります。

そこで、今回は、5歳の子供を連れて別居に踏み切った妻の目線で、その後の離婚手続や調停をスムーズに進めるためにどのような対応が必要かを、2つのポイントに絞って考えていきたいと思います。

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

①夫に子どもに会わせる機会を設けよう

子と別居している親には、離婚前も離婚後も子に会う権利(面会交流権)があります。しかし、親同士の感情が悪化していると、子を連れて出ていった方は、会わせることを躊躇してしまうものです。

夫の側が、養育する環境が整っていないにもかかわらず、子の親権を強固に主張するケースも少なくありません。夫婦の間に未成年の子がいる場合には、親権者が決まらないと離婚することはできません。

面会をさせないことによって、夫が親権をさらに強固に主張し、離婚の手続が遅々として進まないということもよくあります。

子が夫から虐待を受けていたというケースは別ですが、そうでない限り、「離婚しても子供とのきずなは失われない」ということをわかってもらうために、子と夫との面会の機会を作ることはとても大切です。このような対応により、夫の姿勢が軟化して、早期に離婚できる場合も少なくありません。

弁護士費用保険メルシー|株式会社カイラス少額短期保険
寺林 智栄 てらばやしともえ

ともえ法律事務所

東京都中央区日本橋箱崎町32-3 秀和日本橋箱崎レジデンス709

コメント

コメント