交通事故の負傷者を助けずスマホで撮影した男性に批難・・・何かの罪にはならないの?

交通事故 asante / PIXTA(ピクスタ)

アメリカで、交通事故により炎上した車内に取り残された人を助けずに、スマホで撮影を続け、見殺しにした男性に非難の声があがっています。しかも、それをTV局に売ろうとしたり、SNSにアップロードしたようです。

しかし、この男性を罰したくても罰せられないとアメリカの刑事は語っています。世論から非難されてもおかしくない行為ですが、法律では罰せられないようです。

それでは日本で同じ事をした場合、何かの罪に問えるのでしょうか?それともやはり何の罪にも問えないのでしょうか?

星野宏明
星野 宏明 ほしのひろあき

星野・長塚・木川法律事務所

東京都港区西新橋1‐21‐8 弁護士ビル303

弁護士保険「Mikata」

コメント

コメント