「改正風俗営業法」で無くなるかもしれない、意外なお店とは

以前「風営法の謎 そもそも何故「ダンス禁止」なのか」という記事で解説したように、何かと問題のあった風俗営業法の改正案が6月に成立し、施行されることになりました。

主な改正点は(1)ダンス教室が風俗営業から外れること、(2)クラブは風俗営業とされ、深夜0時以降の営業が禁止されていたのが、店内の照度が10ルクス以上であれば一定の条件下で24時間営業が可能になったこと、(3)照度10ルクス未満のクラブや、キャバクラ等は従前どおり風俗営業であるが、条件で深夜0時以降の営業が可能となったこと、です。

クラブ

(1)のダンス教室については従前より「ダンス教室がなぜ風俗営業なのか」という疑問の声が多数挙げられており、改正の必要性が叫ばれていました。これを受け、今回の改正風営法ではダンス教室は風俗営業から外されることになりました。

(2)のクラブについては、ダンス規制を皮肉って「ダンスではなく「うどん生地踏んでるだけ」…深夜でもセーフ?」というイベントが行われたことで有名になりました。ただ単にクラブで踊っているだけなのになぜ風俗営業なのかという疑問の声があったのですが、これが改正されました。

山口 政貴 やまぐちのりたか 弁護士

神楽坂中央法律事務所

東京都新宿区津久戸町4-1 ASKビル2-B号室

コメント

コメント