芸能人にプライバシーはない? スクープ写真、拡散に違法性はあるのか

芸能人のプライベート写真が流出した……といった事件はしばしば起きています。

雑誌にスクープされて出回ることも多いようですが、Twitterの裏アカウントから流出するようなこともあるようです。

流出する写真も、一緒に写っているだけのものから、ベットシーン写真、裸の写真など様々ですが、プライベート写真を流出させると、どのような法的問題が生じるのでしょうか。

https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_04_YUUSEI85_hutarikonbini15234822-thumb-1000xauto-12471

■名誉毀損になるのは誹謗中傷だけではない

名誉毀損というと、悪質な中傷をされているケースを思い浮かべると思います。しかし、名誉毀損になるのは誹謗中傷だけではありません。性的な画像をネットにアップすることも、名誉毀損となり得ます。

名誉毀損というのは、社会的評価の低下を意味します。

芸能人のベットシーン写真、裸の写真などが流出した場合、イメージの悪化などからしばらく起用を見合わせられるといったことは、しばしばあるようです。その意味で、社会的評価の低下があるといえそうです。

また、これが芸能人でなくても、性的好奇心の目を向けられるなどして、社会的生活が難しくなるような事態になることが想定できるわけで、その意味で社会的評価の低下があるということもできます。

したがって、性的な画像をネットにアップすることは名誉毀損罪を問われるリスクがある行為であるといえます。

スポンサードリンク
   
清水 陽平 しみずようへい

法律事務所アルシエン

東京都千代田区霞ヶ関3-6-15 霞ヶ関MHタワーズ2F

コメント

コメント