"労働トラブル"の一覧

恋人がいない人はクリスマス強制出勤!? 差別的なバイトのシフトは違法になり得るのか

川浪 芳聖

労働トラブル

ファストフード店でアルバイトをしている学生Nさんは、恋人はいませんがクリスマスイブはパーティーが入っており、シフト作成の段階で休みを申請していました。ところが「独身で恋人がいない者は出てほしい」と言われ、仕事になってしま…

続きを読む »

賛否両論! 年末年始の出勤を強要し「スーパーで働くとはそういうこと」と居直る店長。弁護士の見解は…

川浪 芳聖

労働トラブル

先日、Twitter上であるユーザーが公開した画像が波紋を呼びました。それは、スーパー店長が年末年始のシフトについて呼びかけた一枚の紙。 そこには「わかっているとは思いますが、12月22日から1月6日までは出勤お願いしま…

続きを読む »

ホストバー・ガールズバーはなんで朝までやってるの?風営法を弁護士が解説!

若井 亮

その他, 労働トラブル, 消費者被害,

忘年会シーズンに突入し、普段はあまり縁のない方も、ホストクラブやキャバクラ、ホストバーやガールズバーに出向く方もいらっしゃるのではないでしょうか。 気持ちよく深夜まで仲間と飲んだ後、いざ目をつけていた夜のお店へ行こうとす…

続きを読む »

「明日までに納品ヨロシク」 クライアントの無茶振りを就業規則を盾に拒絶することは可能?

齋藤健博

労働トラブル

大手広告代理店の下請け制作会社に勤めるOさん(40代・男性)は、現在多忙な日々を送っています。クライアントから「無茶振り」されることは日常茶飯事で、急に「明日までにお願い」と言われることもあるのだとか。 相手は大手だけに…

続きを読む »

払わなきゃいけない?キャバクラ・風俗の罰金制度

若井 亮

その他, 労働トラブル, 消費者被害, 離婚・男女,

風俗店やキャバクラ・ホストクラブなどの飲食店においては、キャスト(従業員)やホストなどの出勤を確保するために、独自のルールを設けている場合が多く見られます。 本日は夜の世界で特に多く見受けられる「罰金制度」について、その…

続きを読む »

実態は社員なのに「業務委託契約」を結ばされた…これって許される?労働基準法的にはOKなの?

齋藤健博

労働トラブル

2018年10月、娘が自殺したのは経営者のパワハラが原因であるとして、遺族がアニメ・ゲームの製作や求人サイトを運営するB社に慰謝料と未払い賃金約8,864万円を求め提訴したことが話題になりました。 B社は容疑を否認してお…

続きを読む »