自己紹介

「弁護士の小澤亜季子と申します。

依頼者の皆様の不安を少しでも取り除けるように、お気持ちに寄り添い傾聴すること、なるべく早く具体的な解決策を提案すること、そのための費用がいくらかかるのかを明確にすることを心がけております。

依頼者の皆様のために、最後まで粘り強く、ベストを尽くして戦い抜きます。

1人で悩まずに、ぜひ、お気軽にご相談ください!」

 

現在の注力分野は以下の通り。

 

①中小企業や個人事業主の事業再生・倒産

事業再生・倒産案件全般を得意とし、多く取り扱っております。

個人事業主から大企業までありとあらゆる事業者様について、早期再生から末期再生まで様々なフェーズでの経験を有します。また、単に裁判手続等の申立をするだけでなく、スポンサー選定や、資金調達業務も得意としています。

資金繰りにお困りの事業者様は、ぜひお早めに、一度ご相談ください。

 

②労働事件(不当解雇、女性活躍推進)

事業再生・倒産と労働問題は切っても切り離せない分野であり、特に不当解雇等の労働事件を得意としております。会社側、従業員側、両方の立場での経験を有しておりますので、依頼者の皆様のために、相手の戦略を見極めながら、ベストな解決策を提案いたします。

また、一人の働く女性として、男女雇用機会均等法(セクハラ、マタハラ含む)や女性活躍推進に関する問題についても取り組んでおり、企業の総務・人事部門様向けのセミナー講師なども務めております。

 

③法律顧問業

「顧問弁護士を雇う程ではないけれど、必要な時に、必要なサービスだけ受けられたら。」という中小企業や個人事業主のニーズに合わせ、顧問弁護士の仕事を分解して承ります!

債権回収は1社から、契約書チェックは1枚から、社内コンプライアンス研修は1回から…等、必要な時に、必要なサービスを提供いたしますので、お気軽にご相談下さい。

④Airbnbを含む民泊関係の法務

Airbnbホストが抱える事件を取り扱っており、新しい問題にも積極的に取り組んでおります。新しいスキーム作りや新たな問題解決手段の開発を常に模索する、提案型の業務スタイルを目指しています。

 

■書籍

『ガイドブック民事保全の実務』(創耕舎、2014)

『遺産分割実務マニュアル 第3版』(ぎょうせい、2016)

 

■セミナー

各クライアント企業において、労務・コンプライアンス研修、法改正研修(マイナンバー法、女性活躍推進法、男女雇用機会均等法)の講師を経験。

"小澤 亜季子"の執筆記事

「朝出社したら会社が無かった」…勤め先が倒産したらするべき5つのこと

小澤 亜季子

労働トラブル

倒産弁護士の肌感覚として、年末・年度末は、会社の破産が多くなるように感じます。 朝、いつものように出社したのに、突然、社長から「当社は本日、裁判所に破産を申立てました。」と言われたら、誰だって頭が真っ白になり、何も考えら…

続きを読む »

事務所詳細

事務所名 センチュリー法律事務所
所在地 東京都千代田区大手町1-7-2 東京サンケイビル25階
アクセス 東京メトロ丸ノ内線、半蔵門線、千代田線、東西線・都営三田線 大手町駅/E1,A4出口直結
JR東京駅丸の内北口から徒歩7分
営業時間 平日10:00~18:00
定休日 土、日、祝
事務所ホームページ http://century-law.com/