フリマアプリ・メルカリが「ゲームアカウントの売買」を解禁…法的に問題ないの?

スポンサーリンク

■リアルマネートレード自体を規律する法律はない!しかし…

実は、日本では、リアルマネートレード(RMT)自体を規定する法律がありません。そのため、実際にリアルマネートレード(RMT)が行われた場合に、ゲーム事業者がどのような対応をするのかは、悩ましい問題です。

ここでは、下記2点の観点から問題を見ていきましょう。

・「メルカリとゲーム会社」との関係
・「メルカリと利用者」との関係

 

「メルカリとゲーム会社」との関係では

ゲーム会社は、ゲームアカウントの売買を利用規約で禁止をしているのが通常です。しかし、利用規約は、ゲーム会社と利用者との間の契約です。

ゲーム会社とメルカリとの間を規定するものではないので、ゲーム会社の利用規約がメルカリを拘束力することはできません。よって、ゲーム会社としては、利用規約違反として、メルカリ側に法的請求をすることはできないのです。

ただ、このようなアカウント売買で、ゲーム自体の適切な運営が妨げられ、事業者の業務が妨害されたといった事情がある場合には、民法上の不法行為が成立する可能性があります。

 

「メルカリとメルカリ利用者」との関係では

メルカリでゲームアカウントを購入した利用者が、当該ゲームにおいて、ゲーム事業者から利用停止などの制裁措置を受けた場合に、メルカリ側に損害賠償を請求することはできるのでしょうか?

この点、メルカリでゲームアカウントを購入した利用者は、自らの判断で、当該ゲーム会社の利用規約に違反する行為をしています。

そうすると、ゲーム会社からアカウントの停止、利用停止をされても、想定の範囲内といえます。このような場合に、利用者がメルカリに損害賠償を請求することは難しいでしょう。

ただし、上記のように、リアルマネートレード(RMT)は、ゲーム会社の利用規約に違反するので、利用者が売買したアカウント等が、ゲーム会社において、無効化・解約される可能性が高いです。そうすると、メルカリとメルカリ利用者との間で、トラブルに発展することも考えられます。

リアルマネートレード(RMT)問題は、まだまだ議論の余地がありそうです。

 

 

*著者:弁護士 中野 秀俊(グローウィル国際法律事務所。弁護士になる前、システム開発・インターネット輸入事業を起業・経営。IT・経営・法律に熟知していることから、IT・インターネット企業の法律問題に特化した弁護士として活動している。ブログ「IT・インターネット法律ブログ」)

【参考記事】

「メルカリ」のゲームアカウント売買解禁が10代に与える影響

【画像】イメージです

*ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

【関連記事】

もしもロボットが予想外の問題行動を起こしたら法的責任は誰が取る?

LINEを語る偽メールが登場!偽メールを送った業者をLINEが訴えることはできるのか?

ネット上の他人の記事を「コピペ」して自分のブログで紹介するとどんな罪に?

これで安心!身に覚えのない「架空請求メール」が届いた時の4つの対処法

「ポケGO運転」死亡事故に全国初の実刑判決…「ながらスマホ」の今後を弁護士が解説

スポンサードリンク
   

コメント

コメント