フリマアプリ・メルカリが「ゲームアカウントの売買」を解禁…法的に問題ないの?

人気フリマアプリの『メルカリ』で、「『パズドラ』や『ポケモンGO』などの人気ゲームのアカウントが売買されている」と、ネット上で話題になっています。

従来、メルカリでは「物品でない」電子データについては、出品は禁止をしていました。しかし、現在は、利用規約を改正し、ゲームアカウントを含む電子データも出品可能としています。

このような、フリマアプリを使って実際のお金でゲームアカウントを売買することは、法的に問題ないのでしょうか?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

 

■リアルマネートレード(RMT)には当たるが…

人気ゲームのアカウントやアイテムを実際のお金で売買する行為は「リアルマネートレード」と言われ、ゲーム会社の利用規約などでは、通常禁止をされています。

今回も、ゲームアカウントを実際のお金で売買しているので、リアルマネートレードには該当します。

では、メルカリに法的責任はあるのでしょうか?

 

中野 秀俊 なかのひでとし 弁護士

グローウィル国際法律事務所

東京都中央区京橋1-6-13 金葉ビル6F

コメント

コメント