あってはならない痴漢冤罪…ウソの申告や証言をした人はどんな罪に問われる?

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

実際に痴漢をした、していないに関わらず、痴漢容疑で現行犯逮捕された場合、ほぼ有罪になるといわれています。

一方で、無罪を主張するのが難しいという痴漢の性質を利用し、痴漢を受けたと虚偽の被害申告をするという行為があるようです。また、痴漢の虚偽申告を人と協力し、実際には痴漢をしていないにも関わらず、「私は見ました」など、虚偽の証言をして痴漢の冤罪を成立させるという悪質なケースもあるようです。

このような虚偽の被害申告や証言によって、痴漢をしたと疑われた人が逮捕・起訴され、場合によっては有罪判決を受けてしまった場合、痴漢の虚偽申告をした人、ならびに虚偽の証言をした人は何らかの責任を負うのでしょうか。3つの観点から解説したいと思います。

 

弁護士費用保険メルシー|株式会社カイラス少額短期保険
理崎 智英 りざきともひで

高島総合法律事務所

東京都港区虎ノ門一丁目11番7号 第二文成ビル9階

コメント

コメント