「AV撮影を断るなら違約金を払え」・・・解決するにはどうするべきか

歌舞伎町

若い女性をターゲットにして、「タレントにならないか」、「うちの事務所と契約してモデルとして働かないか」などとスカウト行為が行われていることがあります。

その中には、事務所に行くと、アダルトビデオの出演可能性もある旨の条項や高額の違約金条項が入っている契約書にサインさせられてしまい、女性が「やはりアダルトビデオには出たくない」と言うと高額の違約金を請求されるという悪質なケースもあるようです。

では、ひとたび契約書にサインをしてしまったら、アダルトビデオに出演したり高額の違約金の支払いをしたりしなくてはならないのでしょうか。今回は、アダルトビデオへの出演強制や違約金支払条項の入った契約の有効性について解説したいと思います。

スポンサードリンク
   
木川 雅博 きかわまさひろ

星野・長塚・木川法律事務所

東京都港区西新橋1-21-8 弁護士ビル303

コメント

コメント