彼女がケンカ中にスマホを破壊! 修理代はどうなる?

婚約者や配偶者の浮気は、スマホから発覚するのが最近ではもっとも多い事例です。

そして見つけた方が怒ってスマホを投げつける、あるいは、見つかった方が逆ギレしてスマホを投げつける、それによってスマホが壊れてしまった……という例は数えきれません。

スマホといっても、人気機種となると、10万円近くするものもあり、これを壊されたら、大きな財産的損害になります。果たして、壊された方は、壊した相手方に対して、損害賠償請求できるのでしょうか?

ケンカ●もちろん請求可能

これは、もちろん損害賠償請求できるというのが結論になります。相手の財産であるスマホを、違法に壊して、財産権を侵害するわけですから、財産的な損害を塡補してもらうというのは、当然のことです。

その時に、「相手が浮気という違法な行為をしていたのを発見したのだから、怒って壊しても問題ない!」などと主張する方が時々おられますが、流石に無理な主張ですね。むしろ、見付けた方はスマホを取り上げて、情報をバックアップするなど証拠固めに走った方が利口です。

 

●実際に請求する人がいない理由

ただ、このようなスマホを壊すという問題がよくあるにもかかわらず、実際問題として損害賠償請求事件に発展することは、殆どありません。携帯会社で保険に入っているため、保険金でカバーできることがその最大の理由でしょう。

スマホに残っている色んな履歴は、例えその内容が真実でなくても、誤解を受けやすいものです。万が一に備え、保険に入ることをオススメします。

 

*著者:弁護士 小野智彦(銀座ウィザード法律事務所。浜松市出身。エンターテイメント法、離婚、相続、交通事故、少年事件を得意とする。)

小野智彦
小野 智彦 おのともひこ

大本総合法律事務所

〒100-6617 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 17F

弁護士費用保険メルシー|株式会社カイラス少額短期保険

コメント

コメント