W杯の試合結果を予想してお金を賭けるのは違法?

Wカップも中盤戦に差し掛かり、果たしてどの国が優勝するのか気になるところです。

みなさんの中には、友人同士や会社の仲間内で、優勝国を当てた人が掛金総取りなどのゲームをしている人がいるかもしれません。

果たして、このようなゲームは合法でしょうか違法でしょうか?

観戦

■賭博とは

刑法で禁止されている「賭博」との関係で問題になります。

「賭博」とは、偶然の事情にかかわる勝敗によって、お金や財産的な価値のあるものを争うことをいいます。

賭博罪にあたると、50万円以下の罰金または科料に科せられることになります(刑法185条)。

もっとも、「一時の享楽に供する物」を賭け事の対象にした場合には、例外的に賭博罪は成立しません(刑法185条ただし書)。

「一時の享楽に供する物」とは、その場ですぐになくなってしまうような物、たとえば、飲食物やタバコ等のことです。

そのため、負けた人がその場の食事代を負担するといった賭け事をすることは、賭博罪には該当しないということになります。

 

■お金を賭けた場合は

しかしながら、金銭については、金額の多少にかかわらず賭博罪に該当します。

そのため、今回のゲームのように、お金を賭け事の対象にすることは賭博罪に当たるため許されない、ということになります。

これは、家族や友人、会社の仲間であっても賭博罪となります。

みなさんも、くれぐれもお金を賭けて優勝国を予想するようなことはせず、残りのWカップを楽しんでください。

 

*著者:弁護士 理崎智英(高島総合法律事務所。離婚、男女問題、遺産相続、借金問題(破産、民事再生等)を多数取り扱っている。)

スポンサードリンク
   
理崎 智英 りざきともひで

高島総合法律事務所

東京都港区虎ノ門一丁目11番7号 第二文成ビル9階

コメント

コメント