「誰でもよかった」で罪の重さは変わるのか

先日、AKB48のメンバーなど3人が切りつけられるという衝撃的な事件がありました。

逮捕された男は、「AKBのメンバーなら誰でもよかった」と供述しているようです。

ところで、怨恨などで特定の相手1人を殺した場合と、通り魔で1人殺した場合とで量刑がかわるのでしょうか?

ナイフ

結論から言いますと、通り魔殺人の場合、通常の殺人よりも重く処罰されることになります。

 

■通り魔殺人の特色

通り魔殺人(「無差別殺人」ともいいます。)は、誰彼かまわず人を殺そうとする行為です。

通り魔殺人の犯人は、無職者、工員・土木作業員、欲求不満や進学問題を抱えた学生等、社会に対して不満や恨みを持っている者、社会からの疎外感を持っている者であることが多いと言われています。

通り魔殺人は、殺害動機が被害者と全く関係のない点、加害者と被害者がそれまで全く無関係であった点、被害者が不運にもターゲットにされたため被害に遭ったにすぎず被害者に何ら落ち度のない点に特色があります。

通り魔殺人の量刑は、こうした通り魔殺人の特色が影響してくることになります。

 

■通り魔殺人の量刑

すなわち、通り魔殺人は、動機が被害者と全く関係がないため、まず、一般に何らの落ち度もない被害者に対する犯行であり、酌量の余地は全くなく、理不尽かつ身勝手極まりない言語道断の犯行であると評価されることになります。

また、被害者が年少者や女性であれば、社会的弱者を狙ったものとして強く非難されることになります。

さらに、通り魔殺人は、無差別に突然襲うという犯行態様から凶悪な犯行であり、近隣住民をはじめとする一般国民に治安の悪化を実感させる犯行であり社会に強い衝撃を及ぼしたと評価されることになります。

他方で、通り魔殺人を行った者は、社会に対して不満・恨みを持っていたり社会からの疎外感を感じていたかも知れませんが、自らの生活態度が招いたものであり、酌量の余地は全くないと考えられます。

したがって、通り魔殺人の場合、たとえ前科がなく被告人のため何らかの酌むべき事情があったとしても、通り魔殺人であること自体から「極めて悪質」、「凶悪重大事犯」、「社会に与えた衝撃も大きい」として死刑や無期懲役といった極めて重い量刑になる可能性が高いようです。

通り魔殺人が今回のように未遂に終わった場合でも、懲役10年といった相当に重い実刑判決が下ってもおかしくありません。

今回、幸いにも亡くなった人はいないわけですが、逮捕された男は厳しい処罰を受けるはずです。

*著者:弁護士 冨本和男(法律事務所あすか。企業法務、債務整理、刑事弁護を主に扱っている。親身かつ熱意にあふれた刑事弁護活動がモットー。)

冨本和男
冨本 和男 とみもとかずお 弁護士

法律事務所あすか

東京都千代田区霞が関3‐3‐1 尚友会館4階

コメント

コメント