“同意してればOK”はキケンすぎ!風俗店でのトラブルを弁護士が解説

風俗店におけるトラブルで最もご相談いただく件数が多いのは、いわゆる本番トラブルでしょう。

本番トラブルとは、デリバリーヘルスなどで禁止行為とされる性行為に及ぶことで発生するトラブルです。

女性やお店から、治療費や休業補償、慰謝料や営業損害といった名目でお金を請求され、時には多額のお金を支払う事案も少なくありません。

弊所でも多くの風俗トラブル(本番トラブル)のご相談・ご依頼をお受けしておりますが、「女性も同意をしていたはずだ」とおっしゃる方がおられます。

しかし、仮に女性が拒絶をしていなかったとしても、トラブルになることはあります。

女性がサービス後に「怖くて抵抗できなかった」と言うケースが多くあるのです。

拒絶しない=同意がある、とお考えになるのは危険であるということです。

暴行や脅迫を用いて性行為に及んだのでなければ、強制性交には該当しませんが、女性側から「強姦された」という主張をされることはよくあります。

そのうえで、店の人間や警察を呼び、強制的に性行為をされたことを前提に話を進めようとするため、事態が大きくなり、家庭や職場にバレることを懸念するあまり、男性が言われるがまま念書を書き、よく考えぬままに高額な支払いをしてしまうケースが後を絶ちません。

本番トラブルで最も重要なことは、その場で支払いの約束をしないことです。

ご不安であれば、すぐにその場で警察や弁護士に連絡するようにしてください。

念書などの支払いを約束する書面を作成した場合、それをひっくり返すのは簡単ではありません。

女性やお店がお金の支払いを請求する根拠は、不法行為に基づく損害賠償請求になるかと思いますが、これは請求する側の女性やお店が、こちらの行為によって損害が発生したことを主張したうえで「証明」しなければなりません。

これはかなり手間のかかる作業です。

ですから、可能な限り手間を省くため、その場で書面を書かせて支払わせようとするのです。

また、身分証明書や名刺の提示を要求し、住所や職場の情報を押さえることで、無言の圧力をかけてきます。

さらに、警察というキーワードを出すことで、不安を煽るのです。

こういった揺さぶり行為によってショートカットをしようとしている訳です。

100%とはお約束できないものの、弁護士が介入すれば、ご家族や職場にバレるリスクはほとんど抑えることができます。

また、法的な観点から相手方の請求をチェックしますので、不当に高額な請求をしてきたときには、その根拠について、きちんと証拠をもって確かめるようにし、不相当に高額な支払いを回避することができます。

さらに、警察が介入してきた場合にも、警察には民事事件である旨説明し、代理人として交渉をしていることを話して無用な出頭要請などを回避するよう努めます。

繰り返しになりますが、本番トラブルにおいて重要なことは、その場で支払いの約束をしないことです。

できれば本番トラブルの現場から弁護士や警察を呼びましょう。

第三者が介入することで、だいぶ落ち着いて対応することができるはずです。

 

*執筆弁護士:若井 亮(若井綜合法律事務所。「迅速対応」「分かりやすい説明」「徹底した報告」をモットーとしている。不当要求への対応、詐欺被害への対応を多く経験している)

*画像はイメージです(pixta)

スポンサードリンク
   
弁護士法人若井綜合法律事務所 べんごしほうじんわかいそうごうほうりつじむしょ

若井綜合法律事務所

東京都豊島区東池袋4丁目25-12サンシャイン・サイド9階

コメント

コメント