「歌ってみた」が著作権侵害にならない理由

ニコニコ動画やYouTubeなどの動画投稿サイトには、「歌ってみた」、「演奏してみた」といった動画がよく投稿されています。

「歌ってみた」、「演奏してみた」は、自分の好きな楽曲を歌ったり、演奏したりしたものを撮影し、投稿しているものです。

アーティスト公式のPVを探してるのに「歌ってみた」ばかりヒットする…なんて経験がある方もいるのではないでしょうか?

そんな「歌ってみた」ですが、音楽には著作権があるのが普通なので、このような動画をアップすることは、法的に問題ないのでしょうか。解説してみます。

うたってみた
●歌うことも演奏することも著作権法的には「演奏」

歌ってみた、演奏してみたとしてアップされる動画ですが、著作権がある楽曲について公衆に対して歌ったり演奏することは、著作権法上「演奏権」というもので保護されています。

つまり、著作権者の承諾をもらわずに歌ったり、演奏したりした動画をネットにアップすることは、著作権者の演奏権侵害ということになります。

ちなみに、著作権法が著作権から生じる利益の保護を目的としているため、ネットにアップしないで個人的に楽しむ分には、著作権法上の問題は生じません。

 

●ニコ動やYouTubeは「歌ってみた」「演奏してみた」はOK

ところで、楽曲の多くは、一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)が管理しています。そのため、楽曲を利用するためには、原則としてJASRACの許諾を得ることが必要です。

しかし、ニコ動やYouTubeは、JASRACと包括的な許諾契約を締結しています。そのため、JASRACが管理する楽曲については、歌ったり演奏したりしたものをニコ動やYouTubeにアップしても、著作権(演奏権)侵害にはなりません。

 

●これは注意しておくべき!

JASRACが管理しているといっても、すべての楽曲を管理しているわけではありません。

たとえば、インディーズの楽曲やボーカロイドによる楽曲などは、JASRACが管理していない可能性が高いです。そのようなものについてアップするときは注意が必要です。

また、たとえばCDなどをかけて、それに合わせて歌ったり演奏したりするものは、そのCDを録音した歌手、演奏した人といった実演家の権利、さらにCD製作者の権利を侵害するため、注意が必要です。

 

*著者:弁護士 清水陽平(法律事務所アルシエン。インターネット上でされる誹謗中傷への対策、炎上対策のほか、名誉・プライバシー関連訴訟などに対応。)

法律事務所アルシエン_清水陽平_150_120
清水 陽平 しみずようへい 弁護士

法律事務所アルシエン

東京都千代田区霞ヶ関3-6-15 霞ヶ関MHタワーズ2F

コメント

コメント