不思議な大麻取締法 所持はアウトで使用はOK…なぜ?

大麻取締法の内容についてみなさんはご存知ですか?

最近では歌手のASKA容疑者が、覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反の2つにより逮捕されました。

このうち大麻取締法というのは、あまり知られていませんが非常に不思議な法律なのです。

HAPPA

■不思議な法律の内容

大麻取締法によると、大麻の所持、譲り受け、譲り渡しについては罰則があり、5年以下の懲役(営利目的の場合は7年以下)とされているのですが、なんと大麻の「使用」については罰則規定がありません。

すなわち、大麻を使うという行為は罪にならないのです。

これが覚せい剤となると、所持、譲り受け、譲り渡しのほかに使用についても当然罰則があり、10年以下の懲役とされていますので、大きな違いです。

ですので、大麻を使用するだけであれば無罪なのですが、ただ、譲り受けず、かつ所持をしないで使用だけするなどということは物理的に不可能でしょうから、「私は大麻を使用しただけなので無罪です。」という主張は残念ながら通らないでしょう。誤解しないようにしてください。

 

44a9caeac314ed70d272909d2687fbeb
山口 政貴 やまぐちのりたか 弁護士

神楽坂中央法律事務所

東京都新宿区津久戸町4-1 ASKビル2-B号室

コメント

コメント