年金機構を名乗る詐欺が頻発・・・その内容と目的は?

日本年金機構から個人情報が大量に流出した事件。報道によれば、この事件を利用した不審な電話が6月8日現在で31都道府県で、183件あったとのことです。

今回は、実際にどのような被害が出始めているのか、今後どのような事態になることが予想されるのか、そしてどのように対処すべきなのか、お話しします。 パソコン遠隔操作

■報告されている不審電話

最も多いのは、年金機構の職員を語る不審電話で、その他にも消費者生活センターや警察官、国税庁を語る不審電話ながあるとのことです。内容としては、「あなたの個人情報が漏れています」などと言われたというものが、数多く報告されています。

とある高齢の女性のもとには、年金事務所の職員を語る電話があり、「書類に不備があった」などと言われたとのことです。この女性は、途中までは信用して話を進めていたのですが、途中で預金残高を聞かれて不審に思い、「年金暮らしで預金はない」と告げたところ、電話が切れたということでした。

寺林 智栄 てらばやしともえ

ともえ法律事務所

東京都中央区日本橋箱崎町32-3 秀和日本橋箱崎レジデンス709

弁護士保険「Mikata」

コメント

コメント