事務所紹介

左:近藤美香弁護士 右:橋本俊之弁護士

<近藤美香>大手法律事務所において、家事事件を専門的に取り扱い、500件以上の家事事件を取り扱ってまいりました。JADP認定の夫婦カウンセラーの資格も取得しております。

離婚を決心された方、離婚を切り出されてしまった方、あるいは不貞(不倫)慰謝料を請求したい方、既に請求されてしまっている方は、お気軽にご相談ください。

離婚を選択した場合のお金のことや、どのような手続きになるのかなど、一つ一つ丁寧にご説明いたします。

なお、明大前、調布、府中など京王線への出張相談も取り扱っております。

 

■解決事例

親権・私立学校分の養育費の他、250万円の慰謝料と2,500万円程度の財産分与を受領して離婚した事件

・内容 夫の長期間の不貞継続に耐えられないということで離婚を希望されていました。

・弁護士対応 夫は、不貞を一切認めず財産分与にも応じないという姿勢でした。財産分与については、ご本人による使途不明金が多額にあるから分与額から控除すべきだとも主張していました。そのため、調停での話し合いが平行線となり、もはや訴訟提起するしかないかも、という事態になりました。そこで、弁護士は、調停委員に対して相手方を説得するように強く求めつつ、家事審判官(裁判官)の関与と家事審判官による事実の確認を求め続けました。

・結果 家事審判官が入り、事実関係を整理した上で、ご主人側を説得することに協力してくれることになりました。
最終的にはご本人の主張が通り、ご希望に近い額の財産分与・慰謝料・養育費を取り決めて、ご本人を親権者とする調停離婚が成立しました。

 

<橋本俊之>

民間企業で経理や人事の仕事をしていましたが、一念発起して弁護士に転身しました。

ご相談の際には、今さしあたってどうしたらいいのか、その後の見通しはどうなのか、弁護士の費用はどれくらいかかるのか、といった点をきちんと説明するようにしています。

仕事をお任せ頂いた後も、例えば相手にどのタイミングでどのような内容の通知を出すとか、相手からこのような言い分が届いた、裁判ではこのようなやり取りであったというように、当たり前のことではありますが報連相をしっかりするようにしています。

当事務所は秋葉原・浅草橋地域に所在しており、台東区・墨田区を始め都内東部地域からお越し頂きやすい場所にございます。

この地域は会社も多く企業からのご相談もお受けしておりますが、個人の方からのご相談に関しては、現在は特に離婚問題・不貞(不倫)慰謝料問題に注力しております。
このような問題でお悩みの方は一度ご相談ください。

 

■ 解決事例

不貞相手の妻から訴訟を提起され、遅延損害金を含め700万円超の慰謝料を請求されていたが、支払額を50万円に抑えたケース

・内容 Aさんは、交際相手が既婚であることを知らずに交際を開始しました。その後既婚であることを知ったものの関係を断ち切れず、最終的には交際相手の子を出産するに至りました(交際相手は認知しました)。

・弁護士対応Aさんが関係を持った時点で、夫婦間の婚姻関係が破綻していたことを主張・立証していきました。また、関係継続を主導してきたのは交際相手であること、交際相手の意向で出産するに至ったことなど、Aさんは終始従属的な立場であったことを主張して、慰謝料額を争っていきました。

・結果 最終的には支払額を50万円に抑えたうえで、裁判上の和解で解決しました。

"近藤 美香"の執筆記事

事務所詳細

事務所名 秋葉原よすが法律事務所
所在地 東京都台東区浅草橋5-2-3鈴和ビル4-A
アクセス ・(電車)秋葉原駅(JR山手線,JR総武・中央線各駅停車,東京メトロ日比谷線)より徒歩約10分 浅草橋駅(JR総武・中央線各駅停車)西口より徒歩約4分
・(バス)台東区循環バス「南めぐりん」柳北スポーツプラザ停留所より徒歩約1分
事務所ホームページ http://rikon-isyaryou.com