事務所紹介

【経歴】
東京大学法学部卒
元横浜地方裁判所裁判官

 

裁判官として交通事故,後遺障害を中心に民事事件全般を多数取り扱う中で,当事者一人一人の真の利益のため,訴訟の意味やその後をも見据えたサポートを提供したいと考え,弁護士への転身を決意。

企業法務,一般民事・家事の経験を有する若手弁護士2名と共同で事務所を開設した。現在は,犯罪被害者支援,国際家事事件にも注力し,手続に困惑しがちな当事者への訴訟内外でのサポート活動を行っている。

 

 

【基本姿勢】
弁護士の使命とは,依頼人の利益を守ることにあります。そして,私は,依頼人の利益とは,現在置かれている状況の中で,精神的にも物質的にも,最大限穏やかに豊かになって行くことであると考えています。これは民事でも刑事でも,依頼人が企業でも個人でも一緒です。

 

弁護士がいくら他人を訴えても,依頼人の病気を治すこともできませんし,資金の調達をすることもできません。訴訟は法律と証拠に基づいて行われますので,小手先の技術だけで勝訴を勝ち取ることもできませんし,そもそも,目の前の訴訟に勝っても根本的に何の解決にもならないという事案も決して少なくありません。ですから,弁護士の仕事とは,決まった書類を出して訴訟を起こせばよいというものではありませんし,まして,弁護士が対立を誘発することによって依頼人の傷を深めるようなことはあってはならないのです。

 

依頼人には,今後の生活を良くする,あるいは事業の目的を達成するといった,より大きな目標があるはずです。その目標に寄り添い,依頼人の置かれている状況を分析し,説明しながら,採るべき選択,受けるべき補償や福祉といったものを依頼人と一緒に考えていくのが,弁護士の真の役割ではないでしょうか。
今どき古臭いと言われるかも知れませんが,私は,法律相談をお受けする際は必ず,相談者と目標を共有しつつ,最終的に何が依頼者の真の利益なのか,真摯に考えてまいります。

 

【経歴】
麻布高等学校 卒業
東京大学法学部第1類(私法コース) 卒業
横浜地方裁判所裁判官
小野・紺野法律事務所 開設

 

【主な取扱業務】
民事訴訟事件(契約関係紛争,不法行為訴訟,交通事故,その他一般民事),企業・渉外法務,遺産・相続問題,渉外家事,犯罪被害者支援,講師・セミナー

 

【所属】
第一東京弁護士会犯罪被害者に関する委員会
第一東京弁護士会ハーグ条約等に関する委員会

"小野 航介"の執筆記事


執筆記事はまだありません。

事務所詳細

事務所名 小野・紺野法律事務所
所在地 東京都中央区銀座1-13-1 ヒューリック銀座一丁目ビル5 階(受付4 階)
アクセス JR 山手線有楽町駅から徒歩5 分
東京メトロ有楽町線 銀座一丁目駅10番出口から徒歩2分
東京メトロ銀座線京橋駅2番出口から徒歩2分
東京メトロ銀座線・丸の内線・日比谷線銀座駅A13出口から徒歩6分

※駐車場のご用意はございません。
お車でご来所の方は、お近くのコインパーキングをご利用ください。
事務所ホームページ http://o-k-law.com/