【狩野英孝淫行疑惑】成人してると嘘をつかれて関係を持ったら罰則はある?専門家が解説

今月21日に『FRIDAY』に17歳の現役女子高生との間の淫行疑惑を報じられたお笑いタレントの狩野英孝さんですが、狩野さん自身は、女性に対して恋愛感情はあったものの、女性と性的な関係を持ったことはないと否定しています。

また、狩野さんによると、女性からは、自分の年齢は22歳だと聞いており、未成年だとは知らなかったとも述べています。

そこで今回は、未成年者と性的な関係持った場合にどんな罰則があるのか、また、未成年にも関わらず年齢を詐称して性的な関係を持った場合には罰せられるのかについて、解説していきたいと思います。

*画像はイメージです:http://www.shutterstock.com/

 

■未成年者と性的な関係を持った場合どんな罰則があるのか

未成年者が年齢を詐称していた場合でも犯罪が成立するのかについてご説明したいと思います。

まず、相手が13歳未満の場合には、相手の同意があっても、強姦罪(刑法177条)に該当します。

次に、相手が13歳以上であって、相手の同意がある場合ですが、これについては各都道府県ごとのいわゆる「青少年保護育成条例」という条例で規制されています。

条例の内容は各都道府県によって違いますが、青少年との性行為についての規制については、どの都道府県もほぼ同じ内容です。そこで、今回は、東京都の条例(「東京都青少年の健全な育成に関する条例」)を例にとってご説明します。

同条例では、18歳未満の者と「みだりな」性交をすることを禁止しており(同条例18条の6)、かかる規制に違反した者は、2年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられる可能性があります(同条例24条の3)。

たとえ恋愛関係にあっても、結婚を前提とした真剣な交際ではない限り、「みだりな」性交に該当すると考えられています。

なお、相手が18歳以上であれば、条例でも規制されないので、そのような相手と性的な関係を持っても犯罪ではありません。

 

■18歳未満なのに年齢詐称をしていた場合は罰せられるのか

この点、条例で罰せられるみだりな性交と言えるためには、相手が18歳未満だと知っていたことが前提です。

そのため、相手が18歳未満であると信じていた場合には、犯罪についての故意がないので、犯罪は成立せず、条例では罰せられないということになります。

ただ、相手がよっぽど大人っぽくてとても18歳未満には見えないような場合を除いては、自分は18歳以上だという相手の言い分を信じたということだけでは、故意が否定されることは難しいでしょう。

故意が否定されるのは、相手が年齢を偽造したIDカード(免許証や保険証、学生証等)を見せて、自分が18歳以上だと信じ込ませた場合などに限られるでしょう。

 

*著者:弁護士 理崎智英(高島総合法律事務所。離婚、男女問題、遺産相続、借金問題(破産、民事再生等)を多数取り扱っている。)

【画像】イメージです

*Piyato / Shutterstock

【関連記事】

元カレから「貢いだお金を返せ」と言われた…返す必要がある?

「浮気相手と結婚したいから別れてくれ」 浮気した側からの離婚申し出は認められる?

全ての不倫が慰謝料請求の対象? 不法行為成立の要件とは

「裸で抱き合う」「手を繋ぐ」…どんな行為が不倫として成立する?

ハグ強制はOK?「逃げ恥」で注目される「契約結婚」…普通の結婚と法的に何が違う?

理崎 智英 りざきともひで 弁護士

高島総合法律事務所

東京都港区虎ノ門一丁目11番7号 第二文成ビル9階

コメント

コメント