離婚したのに別れた夫の苗字を名乗ってもOK?必要な手続きとは

現在は2分に一組が離婚する時代。同窓会に行けば、結構な数の離婚経験者がいるのではないでしょうか。ところで、気になるのは「私、別れたの…」といいつつ、これまで通り、別れた夫の苗字を名乗っている人がちらほらといることです。いったい、どのようなカラクリなのでしょうか。

「結婚前の氏(=苗字)に戻っていないことを不思議に感じるのも無理はありません。実際、民法767条一項で、婚姻の際、“配偶者の氏”に変更した人は、原則、離婚前の氏に戻ると定められています。ただし、それはあくまでも原則。手続きを踏めば、これまで通り元配偶者の氏を名乗れます。」と話すのは、アディーレ法律事務所の鳴海裕子弁護士

*画像はイメージです:https://pixta.jp/

 

■離婚後3カ月以内に手続きすれば、婚姻中の「氏」を継続できる

仕事をしていたり、学校に通う子供がいたりする場合は、「氏」の変更に伴う様々な不都合が予想されます。そこで、離婚の日から3カ月以内に市区町村役場に対して届け出をすれば、引き続き、元配偶者の氏を名乗れるという仕組みになっているわけです。この届け出は「婚氏続称の届け出」といいます。

「注意してほしいのは、離婚後の氏は速やかに確定させるべきであるという価値判断から、3カ月という期間は厳格に解されるということです。」(鳴海弁護士)

3カ月を経過してしまった場合には、届け出が受理されず結婚時の氏を名乗れなくなります。しかし、ここにも例外はあります。それは、“やむを得ない事由”があった場合です。戸籍法上の『氏の変更許可の申し立て』(戸籍法107条1項)を家庭裁判所に対して行うことによって、結婚時の氏の使用が許可される可能性があります。

「離婚に伴う氏の変更の場合には、“やむを得ない事由”にあたるかどうかは比較的緩やかに判断してもらえる傾向にありますが、100%認められるという性質のものではありません。認められないリスクも存在する以上、離婚後も結婚時の氏を使用したい場合には、離婚から3カ月の期間内に婚氏続称の届け出をしておくべきでしょう。」(鳴海弁護士)

 

渡辺 泰央 わたなべやすひろ 弁護士

四谷コモンズ法律事務所

東京都新宿区四谷二丁目11番地 四谷エコビル3階

天野 仁 あまのひとし 弁護士

東京ステラ法律事務所

東京都新宿区四谷2-8新一ビル1101

中野 秀俊 なかのひでとし 弁護士

グローウィル国際法律事務所

東京都中央区京橋1-6-13 金葉ビル6F

コメント

コメント