相続放棄をする時はどんな時? 相続放棄のメリット・デメリットとは

親の遺産を相続してお金持ちに!となれば良いのですが、そう上手くもいかず、相続放棄をする人も多くいるのが現状です。しかし、せっかくの相続をなぜ放棄するのでしょうか。

それには、相続放棄することにメリットがある場合が考えられます。もちろんケースによりますが、場合によっては相続することで不利益を被る場合があり、そのような時は相続放棄を行います。

どのような時に相続放棄をするのか、メリット・デメリットについて解説します。

遺産男女

●そもそも相続とは?

相続とは、亡くなった方の財産上の地位を、その者の死後に、生存中の特定の者に承継させることを言います。

世間的には、「不動産、株、預貯金などの財産を承継すること」と捉えていますが、相続の対象は、あくまでも財産上の地位であり、不動産等の所有権、預金債権などの権利のみならず、義務も含まれるのです。

 

●相続放棄の効果は?

このような相続を放棄すると、その相続に関しては、初めから相続人ではなかったものとみなされます。

ただし、このような効果を生ずる相続放棄は、相続開始前にすることができないとされる一方で、一旦なされた相続放棄は、後に撤回することができないものとされています。

 

●相続放棄のメリット

最初から相続人ではなかったものとみなされる相続放棄の第1のメリットは、やはり亡くなった方の義務を相続しなくて済むということです。

つまり、亡くなった方に多額の借金があった場合に相続をしてしまうと、その返済義務まで相続することになりますので、相続放棄をすることでこれを免れることができます。

第2のメリットとしては、亡くなった方の財産を分散させないことができるという点が挙げられます。相続財産が複数ある場合において、相続人も複数いる場合には、もともと一人の方が所有していた財産を分散させてしまうことになりかねません。

これを避けたければ、特定の相続人のみが相続するように他の相続人が相続放棄をすればよいのです。

この点は、他の相続人の取り分をゼロとする形の遺産分割協議をすることでも対処できるのですが、亡くなった方に借金があった場合には、いくら遺産分割協議でその借金も特定の相続人のみが相続するように定めても、債権者との関係では何ら効力がないことを頭に入れておくべきです。

第3のメリットとして言われているのが、遺産分割協議などの煩わしさから解放されるという点です。

相続人間に確執などがあると、相続の手続は背後の人間関係も巻き込んで相当なストレスとなりますし、確執を更に強めることにもなりかねません。相続放棄をしてしまえば、最初から相続人ではなかったことになるのですから、このようなストレスを抱えずに済みます。

 

●相続放棄のデメリット

デメリットは、メリットの裏返しです。すなわち、亡くなった方の借金(マイナスの財産)を背負わなくて済むけれども、不動産、預貯金などのプラスの財産さえも相続できません。

相続をしておけば、プラスの財産がマイナスの財産を上回っていて、多少なりとも自分の財産が増える結果になっていたとしても、一旦なされた相続放棄を撤回することはできませんから、後の祭りということになります。

なお、プラスの財産が多いのかマイナスの財産が多いのか分からない場合、相続で損をしないように、相続で得たプラスの財産の範囲でマイナスの財産も相続するという「限定承認」の制度がありますが、これは、相続人が複数ある場合には全員で手続をしなければならないことを付け加えておきます。

 

*著者:弁護士 田沢 剛(新横浜アーバン・クリエイト法律事務所。8年間の裁判官勤務を経たのち、弁護士へ転身。「司法のチカラを皆様のチカラに」をモットーに、身近に感じてもらえる事務所を目指している。)

田沢 剛 たざわたけし 弁護士

新横浜アーバン・クリエイト法律事務所

横浜市港北区新横浜3-19-11-803号(加瀬ビル88)

コメント

コメント